カップ焼きそばは湯切りをするため、摂取する塩分量は成分表より少なくなる

20150827_salt_reduction_of_yakisoba

乾麺を茹でると塩分が茹で汁に流れ出します。そしてカップ焼きそばはお湯を捨ててしまいます。
…ということは、実際に摂取する塩分量は成分表より少なくなるのかも知れません。

早速確認をしてみましょう。

塩分量が減る理由

塩分を含んだ乾麺をお湯で茹でると塩分が溶け出します。これはそうめんで確認済です。カップ焼きそばの場合はさらに肉や野菜などのカヤクからも塩分が抜けるでしょう。これは塩分濃度が違う液体が接すると同じ濃度になろうとする浸透圧の効果です。
そしてカップ焼きそばの場合は塩分を含んだお湯は捨ててしまいます。

塩分が抜けるのはどうやら間違いなさそうです。
では、それはどの程度効果があるのでしょうか。

測定してみよう

今回も「ペヤングソース焼きそば」と「激辛ペヤングソースやきそば」を使います。

湯切りをしたお湯の量と塩分濃度を確認して、減った塩分量を算出しましょう。

●ペヤングソースやきそば

20150827_salt_reduction_of_yakisoba_05

20150827_salt_reduction_of_yakisoba_03

お湯の量:265g
塩分濃度:0.20%

265 × 0.20 / 100 = 0.53

約0.5gの塩分が抜けています。

●激辛ペヤングソースやきそば

20150827_salt_reduction_of_yakisoba_06

20150827_salt_reduction_of_yakisoba_02

お湯の量:282g
塩分濃度:0.17%

282 × 0.17 / 100 = 0.4784

こちらも同様に約0.5gの塩分が抜けています。

お湯を捨てることで、成分表から

ペヤングソースやきそば:0.5g減塩
激辛ペヤングソースやきそば:0.5g減塩

ということがわかりました。

ペヤングソースやきそばの塩分相当量を詳しく調べてみると

ソース:2.8g
カヤク+麺+ふりかけ+スパイス:0.8g

です。カヤク+麺の塩分は大半が抜けてしまい、0.3gしか残らないということですね。
摂取する塩分は考えていた以上に減っていました。

※2016/02/15 ふりかけとスパイスについての記述が抜けていたため追記しました。

余談ですが、湯切りのお湯は黄色みがかっており油が浮いています。味見をしてみると旨味が無いために美味しくはないですが、ペヤングの麺のあの味がします。こうしたことから塩分以外も成分表から少なくなっていると考えてよいでしょう。

冷まして油を見やすくしてみました。

20150827_salt_reduction_of_yakisoba_04

結構な量の脂質も抜けているようですね。

まとめ

  • カップ焼きそばは湯切りをするため、実際に摂取する塩分量は成分表より少なくなる。
  • ペヤングソース焼きそばの場合は約0.5gの塩分相当量が抜ける。
  • つまりペヤングは3.1g激辛ペヤングは2.5gという塩分相当量になる。
  • 湯切りにより塩分以外の成分も抜けている。

なかなか素晴らしい結果がでましたね。
これで更に安心してカップ焼きそばを食べることができます。

なお、スープが付いているカップ焼きそばが2種類あります。「バゴォーン」と「焼きそば弁当」です。バゴォーンは新しいお湯で、やきそば弁当は捨てるお湯を使うように作り方で指示されています。つまり、やきそば弁当は正しい作り方で食べると成分表からの減塩はできません。
焼きそば弁当はスープだけで塩分量が2.3gと強烈ですが、これに湯切りの塩分が加わるということです。高血圧患者であるならやはりスープは飲まないようにすべきでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. みみん より:

    ソースやふりかけなどの塩分のことはお考えですか?

    • ameo より:

      みみんさん、こんにちは。
      管理人のameoと申します。

      あー、申し訳ないです。。
      ふりかけとスパイスに関する記述がなかったですね。
      うっかりしてました。

      ふりかけとスパイスの塩分相当量は「カヤク+麺」に含まれています。
      実はまるか食品にも問い合わせていたのですが、「ソースとそれ以外」という区分でしか塩分データがないため、このような書き方になっているのです。

      正しくは「ペヤングソースやきそば」の場合、調理前が
      ・ソース:2.8g
      ・カヤク+麺+ふりかけ+スパイス:0.8g
      となり、合計3.6g。
      これがパッケージに書かれた塩分相当量です。

      調理後は湯切りでカヤクと麺から塩分が0.5g抜けるため合計3.1gになる、というお話なのです。

      ということで、ソースもふりかけもスパイスも全て含まれた値です。

      記事修正しておきました。
      ご指摘感謝です!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です