2015/03/19 3度めの通院

eyecatch_toubyou_01

本日診察を受けてきました。
今回もまとめておきましょう。

血圧について

自宅で測定したデータ一式を見せながら上の血圧が116mmHg程度など要点を説明しました。

  • 血圧が正常域に安定して収まっていること
  • 今服用しているエースコール2mgは一番弱い降圧剤であること
  • これから暖かくなる時期なので一般的に血圧が低くなる傾向があること

これらを踏まえて「薬を止めてみましょう」という判断をいただきました。

ただし血圧が高くなったり暴れるようなことがあるならすぐに診察を受けてくださいとの条件付きです。

体調について

しゃがんだ後の立ちくらみが続いていることは告げましたが、特にコメントはいただけませんでした。
これから降圧剤を止めますので、今後原因が低血圧なのか薬なのかがはっきりするのではないでしょうか。

飲酒について

適量ならOKです。
いきなり解禁してしまうと飲んだくれてしまいそうなので、「適量とはなんぞや」をしっかりまとめてから再開したいと思います。

次の通院は

先生は「概ね治療は終わりだね」というニュアンスで話されていました。
「念のため2ヶ月後に来てください」とのことです。
脳出血が発端のため担当は脳外科の先生でしたが、今後治療対象が高血圧がメインになるのなら内科に移ったほうがよいかもしれませんね

一段落ついたので感想を

「降圧剤は飲み始めると一生止められない」とよく言われますが、なんとか3ヶ月で止めることが出来ました。
嬉しい限りです。

自分の場合は

  • 塩分制限
  • その他食生活の改善
  • 減量
  • 運動
  • 睡眠サイクルの改善

などいわゆる生活習慣の改善がとてもよく効いたように感じています。
3ヶ月で10kg以上も痩せたり塩分を一日4~5gまで制限したりと多少過度だったかも知れませんが、これらの生活習慣の改善で血圧が下がるほど高血圧が初期状態だったというのが不幸中の幸いです。

しかしすぐに下がったことは嬉しいのですが、裏を返せばこれらのタガが外れて乱れた生活に戻るとあっという間に血圧が上がるということが容易に想像できます。
私の場合は脳の血管が弱点であることがハッキリしていますので、血圧が上がれば脳出血再発は避けられないでしょう。
そうならないためにもこれからも血圧コントロールを第一に考えながら、食事や行動を普通に楽しめるようにしていきたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です