2015/01/22 退院後の初通院

eyecatch_toubyou_01

はじめての通院

脳出血発症から1ヶ月弱、退院から2週間経ちました。
はじめての通院です。

まずCTスキャンを撮影し、そのご診察。
CTスキャンは特に問題なし。

血圧の測定値とグラフを見せる。
朝は上が110を下回ることが多いと説明すると、「薬が効きすぎですね」とのことで降圧剤の量が減る。

エースコール錠2mg
ノルバスク5mg

エースコール錠2mg
ノルバスク2.5mg

次に、生活に問題ないかとの問いに「生活は全く問題ない。しかし文章がうまく書けないため仕事に支障が出ている」と答える。

例えば、文章を書くと「は」「が」「に」「へ」などの助詞がうまく選択できていないことがあります。
読み返してみると気づくのですが、それを修正して読み返してみるとまたおかしなところが見つかる。
他にも「また」や「しかし」という言葉が1つの文章に複数入っていたりなどいろいろな不具合があります。
これを修正→チェックを何度も何度も繰り返して文章を仕上げていくのです。
例えばこのサイトの記事なら大抵20回ほど読み返しています。
人との会話は問題がなくなっているのですが、文章を書くという行為に関しては全く「普通」ではなく、とても時間がかかるのです。

先生曰く、言語障害が残っても不思議ではない場所だから十分にありえるとのこと。
「リハビリとして多くの文を書くことで治していくしかないだろう」ということでお互いの意見が一致する。

次の診察は1ヶ月後となりました。

退院してから2週間、立ちくらみや動悸のたびに「再発か!!これは再発なのか!!」とビクビクしていた日々を過ごしていただけに、「概ね順調」な診察結果にホッとしました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です